2013年08月30日

縮毛矯正の草分けだった

1992年、今の原点ともいえるかもしれません。

東京の縮毛矯正専門某美容室の水分補給縮毛矯正を始める。

当時としては珍しい縮毛矯正サロンとして、店を展開

連日、癖で悩むお客さんで店内は一杯でした。

当時、札幌でも縮毛矯正を本格的の取り入れている美容室は

確か指で数えるほどしかなく、草分けではなかったでしょうか。

それから2年後の1944年

このころは、●ッビトを始めとする縮毛矯正が次から次と

現れ、乱立の時代を迎えました。

縮毛矯正界はいわゆる「カンブリア紀」に突入したのです。

まだ、縮毛矯正技術が未成熟だった時代ですから、

当然、それにより髪を傷める女性が急増していった時代でした。

一、二度なら真っ直ぐでつやのある髪になりますが

何度も繰り返すと、髪はボロボロになってしまう。

今と比べて、技術レベルが劣っていたことは否めません。


くせ毛がモテ髪に!【くせ毛対策90day's】くせ毛でまとまらない・雨の日に広がる・・・そんな悩みに!


posted by 白ヒゲ at 03:27 | Comment(0) | 美容師40年を振り返って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。